カテゴリー
未分類

登山の遭難が起こる理由と対処方法

登山の遭難は、夏山においては、道に迷ったり、危険箇所における滑落が多いです。冬山では、道に迷うことに加えて、滑落、雪崩などの危険性が大きくなり、かなりの重装備で登山する必要性がでてきます。

登山の経験を重ねていくと、自分がどのぐらいのザックならば背負って登山できるかが経験則で分かってきます。自分の山に登った経験、チャレンジする山の状況、一緒にいく人の技量などにあわせて、装備を調整する必要がでてきます。

冬山登山に行くのは上級者のみ

冬山登山は、夏山登山に比べて圧倒的に危険度が高くなり、装備もかなり重装備になってきます。

冬山登山に行くのは、全ての冬山において上級者のみということになります。基本的に一般の人が登山に行くのは、夏山登山ということになります。冬山に行くとなると、相当の装備が必要になり、それなりのコストをかけられるプロのみが許された世界だと思った方が良いでしょう。

冬山の富士山における滑落死

富士山の冬山登山に軽装備で行って滑落死するということが度々起こっています。富士山の上部は、冬季にアイスバーンになり、ツルツルで滑りやすく、アイゼン、ピッケルなどの装備を持っていても滑落死するリスクがあります。そこに装備を持たないで入ることは、まさに自殺行為と言えるでしょう。

実際、2019年富士山に軽装で登り、ニコニコ生放送を配信していた40代男性が、富士山の頂上付近でニコ生の配信中に滑落死しました。「滑る」と言いながら、アイゼン・ピッケルなどの基本的な装備も持たずに冬の富士山に登り続けて、滑落死しました。

夏山における遭難の防止

夏山において遭難を予防することは、基本的なことを守ることです。きちんと計画を立てて早朝に出発したり、地図などをきちんと確認したり、その上で道に迷ったら引き返すことです。そのような予防策が取れていれば、道に迷う確立を下げることができます。

それでも道に迷った時の装備は持っていかなくてはいけません。山の中で最低でも1~2泊できるようにするためにツェルトをもっていったり、食料や水を多めに持っていくなどです。午後5時を過ぎた日没後には、滑落する危険が高くなるので、動き回らないことが大切になります。午後5時を過ぎたら、下山を諦めて山中にピバーグ(山中の緊急キャンプ)するのが良いでしょう。

装備が貧弱な場合には、最低でも朝早く登り始めるなどしないと、山で夜を越すと体力を奪われて死ぬ可能性がでてきてしまいます。

夏山登山の低体温症

夏山登山で遭難した時には、雨などに打たれると低体温症で死ぬ可能性も高くなってしまいます。必ず着替えなどを持っていく必要があります。特に雨などで洋服が濡れてしまった場合に手痛い温床になりやすくなるので、洋服が濡れないようにするなどの注意が必要です。

低体温症を予防する装備としては、必ず着替え・レインウェアが必要になります。携帯用の超小型の折り畳み傘なども有効な場合があります。

登山中に雨が降ってきたらどうするか?ということを常に考えて行動しなくてはいけないでしょう。雨が異常に強まった場合には、そのまま行動が不可能になるので、雨を避ける行動をしなくてはいけません。そんな時にツェルトなどを素早く展開できれば、雨を避けることができるようになるかもしれません。

意外と役に立つのは、エマージェンシーシートというものです。大きめのものはツェルトの代わりにしたり、体に巻きつけて保温する効果があります。雨が降ったときは、何か体に巻くものがあると保温に大きな効果を発揮します。

チームメイトのサポート

チームで登山する場合には、男性が女性の荷物を持ったり、遭難・緊急時に必要な装備を持つなどのサポートを行うのが良いでしょう。登山の時に女性が身軽な格好であるければ、それだけ疲れが軽減されて滑落などのリスクを減らすことができます。

誰か1人がツェルトを持っていたり、誰か1人がバーナーを持っていて水を沸かすことができるだけでも、生存率が大きく違ってきます。

ツェルトで緊急時の訓練

ツェルトを張って緊急時の訓練をしておくことも良いでしょう。雨が降っている時は、雨水が入ってこないように高床にしてツェルトを張る必要もでてきます。

雨が降っている時には、ツェルトよりも天幕の方が過ごしやすいこともあります。

カテゴリー
未分類

三日月 竜宮城は汚い?

ホテル三日月 竜宮城は、2000年頃に開発された施設と、2016年に追加された設備があり、合わせて超巨大な設備となっています。

多くの人がホテル三日月 竜宮城を訪問すると、その大きさに驚きます。

掃除がすべてを物語る

いかに良い設備を建てたとしても、それを上手に管理できなければ、魅力的な設備として維持することができません。2016年に建てられた富士見亭は、とても大きな設備ではありますが、目の前にあるスパなどが清潔に維持できておらず、魅力が半減しています。

清掃が間に合わないほど巨大施設?

温泉施設、屋内プール、屋外プール3つがあり、かなり巨大な設備にも関わらず、清掃員がほとんどいません。プールには、安全のために監視員が配置されていますが、清掃員をほとんど見かけません。

この施設で、清掃を真面目にやろうとすると、清掃員は数名では足りないのです。温泉、プールともに清掃が行き届いておらず、清掃員もいても少数です。

建物を清潔に維持・管理する能力がない

三日月 竜宮上は、とにかく清潔に維持されていない場所が多いホテルです。それで評判を大きく落として、来客数が減っています。そして、清潔に維持しようという工夫がみられません。

社員も安い給料で働かされているのか覇気が全く感じられず、ダラダラした感じです。能力がある人ならば、誰もこんな千葉の僻地で働きたいと思わないのかもしれません。

汚いから人気がない

ホテル三日月 竜宮城が人気になるのは、夏休みの一時期だけです。9月になると閑散として人影が見られなくなります。それでは儲かるはずがありません。

カテゴリー
未分類

コロナにおける観光業界

インバウンド向けの大型投資

多くのホテルが2019年頃に伸びるインバウンドを見込んで大型投資をしたり、検討を開始したりしていました。しかし、コロナ騒動により、外国人が全く日本に来なくなりました。

雇用の受け皿としての観光業

国内の観光産業は、インバウンドの外国人流入により大いに盛り上がり、それが雇用の受け皿としても機能していました。

観光業は、雇用の受け皿としての機能を持ち合わせていました。インバウンドが消失したことにより、雇用の受け皿も同時に消失してしまいました。観光業の盛り上がりで急増したいた短期アルバイト求人も10分の1ほどに激減しました。

外国人が全く日本に来なくなり、観光産業が定期収入を得られるなくなると、賃貸経営しているお店、従業員を大量に抱えた大型ホテルなどの経営状態が厳しくなります。

インバウンドのバブルに沸いた中で増やした固定費(例えば人件費)は、簡単に削ることができません。

観光業の雇用流動性

今回のコロナ騒動のように、予測できない事態が起こって客数が激減すると、雇用を維持することが難しくなってしまいます。経営者としては、正社員を最小限にして、忙しい時だけ派遣社員を採用するというスタイルを取らざる得ない状況になります。

例えば、田舎の農家などが冬の副業としてスキー場のアルバイトをしているところが多いです。冬季に時間があるので、スキー場のアルバイトをして小遣い稼ぎをするのがちょうどいいのです。農家の中には、スキー、スノーボードが上達して、インストラクターとして活躍している人も沢山います。

スキー場は、夏シーズンに閑散期なので、夏の正社員が数名いて施設を管理して、冬シーズンに300人ぐらいの体制になるホテルもあります。

夏の忙しい時にだけ派遣会社に依頼して数名の労働者を派遣して貰うということがありますが、あまりに業務内容が過酷だと、途中でばっくれて飛んでしまう人が後を絶ちません。特に学生などでモチベーションが上がらずに2日で辞めるような人も多いです。

東京の地価上昇が終わる

東京の地価上昇も、インバウンドによる消費をあてにした商業地の高騰に支えられていた側面があります。その東京都の

カテゴリー
未分類

軽井沢駅から草津温泉の路線バスルート

軽井沢から草津温泉まで、バスで1時間30分(2300円)ほどで着くことができます。軽井沢の観光をした後で、草津に移動して温泉の旅を楽しむことが可能です。

2019年冬までは、東京からアクセスが良い軽井沢に外国人していました。しかし、2020年2月頃からコロナ騒動によって、外国人観光客が激減、軽井沢エリアも閑散とした状況になっています。

軽井沢駅から北上すると、すぐに旧軽井沢エリアに到着します。「軽井沢銀座」と言われる通りになっていて、時期によって多くの人で賑わいを見せます。